親戚の引越し

朝6時に起床しました。とりあえず朝食を食べて、もう一眠りし、起きたのは9時でした。その後、着替えて準備し、自家用車で出発。借りていたDVDをTSUTAYAに返却して親戚の家へ向かいました。親戚の家は兼営アパートであり、駐車場がないので祖母の家に車を止めました。そこから歩いて親戚の家に向かいました。待ち合わせの時間が10時であり、ジャスト10時に着きました。しかしすでに引越し業者の持ち出し作業も終盤であり、荷物もほとんどありませんでした。とりあえずまだ終わっていないものの梱包作業と掃除がメインになりました。掃除は掃除機と吹き掃除がメインでした。とりあえず業者の作業が終わったため、新居へ向かうことになり、掃除の作業をいったん中断。新居へ向かいました。私自身そこにはまだ行ったことはなかったので、場所がよくわかりませんでした。とりあえず親戚の車の後ろを着いていきました。車で走ること10分新居に到着しました。中古の住宅でしたが白いアメリカンテイストな住宅でした。2階建て真っ白な住宅です。バス停も近く立地も好条件でした。本当に理想の家と呼べるほどの家です。築は27年ほどです。引越しの業者は基本的に昼休憩が長い印象ですが、到着後まもなく業者も到着しました。この時点で12:30です。すぐに搬入作業が始まりました。どこに何を搬入するかは私はわからなかったため、たあ作業もせずにボーっとしていました。搬入作業が終わったのは14:30でした。その後昼を食べて、元のアパートの家に戻り掃除をしました。終わった時間は18時くらいでした。さすがに疲れたので、家に帰ってビール飲んで召し食って寝ました。以上